Top >  バイオレーションについて >  時間のルール

時間のルール

lime.jpg

■時間ルール
・3秒ルール
コートにはゴール下に制限区域があります。その制限区域に3秒以上入っているとバイオレーションとなります。片足だけ入っていても両足がでない限り、バイオレーションとなります。

しかし制限区域から出ようとしているプレーヤーや、ボールを持った人がシュートをうつ動作をしているときに、手からボールが離れるときと離れた時は適用されません。

・5秒ルール
ボールを受けたプレーヤーは、相手から積極的にディフェンスされたとき、5秒以内にパスかシュートかドリブルをしなくてはいけません。5秒たってもプレーが続行出来ない場合は、バイオレーションとなります。

さらに、スローインの時やフリースローの時、ボールを5秒間保持した時バイオレーションとなります。

・8秒ルール
自チームの攻撃方向のコートをフロントコートと言います。バックコートでボールコントロールをして、8秒以内にフロントコートへ進めなければバイオレーションとなります。

・24秒ルール
ボールをコントロールするチームは、24秒以内にシュートをうたなければなりません。24秒たったときには合図が鳴り、バイオレーションとされ相手のスローインとなります。

しかし、リングにボールがあたったら24秒タイマーはリセットされます。

24秒タイマーがリセットされるのは、リングにボールがあたったときと、シュートが入ったとき、相手にボールが渡ったとき、ファウルしたときです。

24秒を超えても得点が認められるときは、合図が鳴るギリギリにシュートして、合図が鳴って入ったときは得点を認められます。

関連エントリー

バイオレーションとは アウトオブバウンズ 時間のルール バックコートバイオレーション ドリブル トラベリング キッキング インタフェア ゴールディング ヘルドボール