Top >  バスケットボールの基礎 >  チャージドタイムアウト

チャージドタイムアウト

lime.jpg

■チャージドタイムアウト
第1ピリオド〜第2ピリオドの間に2回、第3ピリオド〜第4ピリオドの間に3回、1分間のタイムアウトがとることが出来ます。

タイムアウトの要求は、コーチやアシスタントコーチがテーブルオフィシャルズのスコアラーに行います。チャージドタイムアウトが認められるときは、ボールがデットでクロックが止まった状態のとき、相手のチームがフィールドゴールを決めたときです。しかし、フィールドゴールを決めてタイムアウトをとれるのは得点を決められた方のチームだけです。

関連エントリー

バスケットボールとは バスケットボール・メンバーって パスの種類 バスケットボールゲームの開始 ゲームの勝敗 ボールコントロール 競技時間 得点方法(得点の種類) チャージドタイムアウト